内祝いの方法!どのように返すのがいいか!?

内祝いとは本来、結婚や出産、新築など、身内のお祝いごとの幸せを分かち合って、一緒に喜んでもらうために贈るというものです。しかし、最近ではお祝いをいただいた方へのお礼という意味合いが強くなり、お返し…

内祝いは何を贈る?失礼のない品!

内祝いとは、お祝い事があった際に喜びをわかちあう意味で親戚などに贈り物をすることです。しかし、現在ではお祝いを頂いたときのお返しとして品物を贈る、という意味合いで使われることが多いようです。その種…

内祝いはいつ贈るのが一般的!?

お祝い返しとしての内祝い

本人や家族などが人生の節目となる行事、例えば結婚をした時に、親族や友人など親しい人からもらうものがお祝いです。基本的にお祝いをもらった人は、それ相応の品を、内祝いと言う名目で相手先に贈るといった風習があります。原則、親族や友人といった親しい関係にある人が、結婚式や新築祝いなどに出席できなかった場合に、内祝いを贈る決まりとなっています。内祝いに贈る品物の目安としては、もらった商品の購入に要した金額を基準として、半額相当のものを選びます。 内祝いに選ばれる品物には、日用品を始めとして、ソフトドリンクなどの食料品などが該当します。出産祝いであれば、生まれた子どもの写真が入ったお菓子など、行事の内容や贈る人によって、内祝いの品物も変わります。ただし、緑茶やハンカチ、靴下などの衣料品など、内祝いの品物にふさわしくないものもあります。

お祝いをもらってから1ヶ月以内に贈る

自分がお祝いをもらった場合、原則として1ヶ月以内に、できるかぎり年内に内祝いを相手に贈るといった決まりがあります。なお、結婚や出産などが12月だった場合は、新年の挨拶として親族などに内祝いを贈るという方法も可能です。内祝いを渡すタイミングについても、近所に親しい友人や会社関係者の家がある場合は、直接訪問して手渡しする方法が一般的です。郵送を使うケースは、遠方にいる親族など、直接訪問する機会が少ない場合に限られます。 内祝いを贈る前に行うマナーとして、お祝いをもらった旨を伝える必要があります。電話やお礼状などを用いて、「あらためてご挨拶の品をお贈りする」という内容を、相手に確実に伝えるといった点が重要です。内祝いを贈る際にも、お礼の手紙を添えると同時に、郵送の場合は内祝いを贈った旨を、後日連絡する必要があります。

内祝いは贈る相手で品物を変えることが大事!

年配の方に内祝いを贈る場合には、好きなものを自分で選べるギフトカタログがおすすめです。自分と相手の年齢が離れている場合、相手の趣味嗜好がわかりにくいため、品物を選びにくいものです。カタログギフトで…

目上の人に贈るときは注意が必要!

目上の人に内祝いを贈る際は、基本的なマナーを守ることが大切です。まず注意したいのが、内祝いを贈る時期ですね。失礼にあたらないタイミングの目安は、お祝いを頂いてから1ヶ月以内。しかし早すぎるタイミン…

親しい人はリサーチする!相手が喜ぶ内祝いを贈ろう!

親族への内祝いは、今後のお付き合いのことも考えて、できるだけ質の良い物や実用的なものを贈りたいところですね。親族と言っても親しい人と少し距離がある人に分かれるかもしれません。親しい親族であれば、直…

>

内祝いで感謝の思いを伝えよう